UJ-102VIP(GS-35B)完成です、UJ-106VIPとほぼ同じ仕様ですが、シロッコファンはJT.FT8運用を意識してMB1040からMB1255の大型に
変更しています、IC-7400(100W/EME仕様)エキサイターのみでOut/2KW+を確認しています。

 2線式のアンテナシステムを考慮して、Out.RLは内蔵していません、1線式のシステムの場合は本体近くに同軸RLを取り付けることになりま
す、一般的に使用されている東洋通商の同軸RLでは、この電力を通過する事は無理があります、CX600NLでも、1.5KW/SSBでトラブルが起
こっています、JT.FT8の連続キャリアでは持たないでしょう、アンテナ直下であれば平均的に1/3程度は電力損失がありますので多少は改善
されると思います、プロ用の大電力用同軸RLなど安価で手に入ればベストですが。

 下記にドライブ電力と出力電力の関係、各IP.IGを表にしました、アイドリング電流は、EP/5KVで200mA(Bias-48V)です、利得を上げるため
6mより少し多めに流しています最大Out時にはEP/4.5KV程度まで下がります。 

 寸法は、UJ-106VIPと同じく、寸法はW430×D550×H250mm 重量は45Kg 金額はOut.RLを内蔵していませんので435,000円で販売します。

ドライブ電力  出力電力    IP     IG 
 40W  1KW  0.6A  40mA
 70W  1.5KW  0.75A  120mA
 100W  2KW  0.85A  220mA

     
UJ-106VIPと外見は変わらず  別な角度から   上蓋を開けました
     
整流、リップルフィルター基板はKL-1流用  大型トランスとシロッコフアンMB1255  ステップスタート、ON.OFFディレー基板 
     
チムニーはガラスエポキシ  PLATE.RFCとパスコン650PF/20KV 、リヤコイル フロント側のコイルとでW6POタイプ、ボールドライブ 
     
Outピックアップ、テフロンカムで調整  Plate同調フラッパ、カムで調整機構   軸受けは標準プラグ用ジャック
     
底部  入力RLは、CX531N使用  Bias回路-48V、ツエナー3個とTR3個 
     
ファイナルBOXの蓋の中  ソケットは自作です  ヒーターRFCと簡単でSWRベタ落ち吸い込み抜群の入力回路 
     
 背面です AntはOut、Rigはトランシーバー、Rx.Antは受信AntTx.RlはAnt.Rl  1次側入力は端子台、ヒューズは大型使用 
     
 1線式で使用の場合は近くに同軸RLを取り付けます  CX600NLを仮に使用していますがこのOutでは耐久性に大きな疑問 テスト中のUJ-102VIPとIC-7400(100W/EME仕様) 
     
IC-7400のみでの最大Out BIRD43/2500Cでの表示です   BIRD43/5000Cでの表示です、ほぼ同じ Out2KW時、EP/4.5KV IP/0.85A IG/220mA